オートバイと父と私と。懐かしい思い出が再び。

オートバイと言えば、私は父との思い出が真っ先に思い浮かぶ。

幼稚園の頃妹が生まれ、母がそちらにかかりきりになっていたので、代わりに毎日の幼稚園送迎を父親がオートバイでしてくれたのだった。

他の子は殆どが徒歩か自転車での登園だったので、オートバイで正門前まで乗り付けて降りて行くのはちょっと特別な感じがした。お友達にも「あれお父さん?」「オートバイかっこいいね。」などと言ってもらって嬉しかった。

父とはオートバイであちこち連れて行ってもらった。近所をドライブしたり遠出もしたり。湖や山に連れて行ってもらうこともあった。

母はオートバイに自分が乗ること自体がダメで私が乗るのも最初は渋い顔をしていたように思う。しかしやがて私から父に「乗りたい!」とせがむ様になったのを見て諦めたようだ。

父の運転は優しかった。小さな私を乗せているから当たり前かもしれないが、決して無茶はせず、白バイに後をつけられても違反で捕まる事は絶対に無かった。

今でも時々うちにオートバイで遊びに来る。あの頃私が嬉嬉として乗せてもらったオートバイ。今は私の息子が乗りたがり、またがせてもらっている。そのうちドライブしたり出来そうだ。結婚相談所 ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です